有志による某国立高専某学科某クラスのページ。夏休み中の連絡とかにも使ってください。課題に迷ったらココ!
カテゴリ
全体
初めによくお読みください
おしらせ
英訳
代数幾何
解析
応用物理
熱力学
流れ
情報処理
設計
電子情報
そのほか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
応用物理課題22
みんな気づいてると思うが今日の8時50分締め切りの応物課題がある。
俺もやっつけで入力したので間違ってる箇所はあると思う。そのときはCIAが推敲してくれるのでご心配なく。
なお、問い2は俺とCIAの答えの小数点以下が微妙にずれているようです。そこはどうなんだろう・・・




1.
(1)
両方の電荷は正の電荷qと負の電荷Qの組で、積にするとqQ<0となる。
よって引力。

(2)
クーロンの法則より、-eの電荷をq_{1}、eの電荷をq_{2}とする。
F_{c}=|kq_{1}q_{2}/r^2|
=|8.99*10^9*(-1.602*10^-19*1.602*10^-19)/(52.9*10^-12)^2|
=|8.99*10^9*(-2.566*10^-38)/(2.798*10^-21)|
=|-8.246*10^-8|
=8.2*10^-8[N]


(3)
万有引力の法則の式を利用する。万有引力定数G=6.672*10^-11[Nm^2/kg^2]
電子の質量m_{e}=9.11*10^-31[kg]、陽子の質量m_{p}=1.67*10^-27[kg]
とする。
F_{g}=|G*m_{e}m_{p}/r^2|
=|6.672*10^-11*(9.11*10^-31*1.67*10^-27)/(52.9*10^-12)^2|
=|6.672*10^-11*(15.21*10^-58)/(2.798*10^-21)|
=|6.672*10^-11*5.436*10^-37|
=|36.27*10^-48|
=3.6*10^-47[N]
であるから
F_{c}/F_{g}=(8.2*10^-8)/(3.6*10^-47)=2.28*10^39倍の大きさになる。



2.

方向はベクトルを考えると+から-の方向に平行になる。
また、指定された地点に+1[C]の電荷を置くと、
べクトルの合成より、指定の地点から平行な方向との成す角はθ=53.7となり、
cos53.7=0.59の方向ベクトルとなる。
よって重ね合わせの原理より
E=∑^n_{i}*Q_{i}*l_{i}/(r^2_{i}*4πε_{0})
=4πε_{0}*(Q_{1}*2.6cosθ/r^2+Q_{2}*2.6cosθ/r^2)
=8.99*10^9*((2.6*10^-12*0.59)/(7.1*10^-2)^2+(2.6*10^-12*0.59)/(7.1*10^-2)^2)
=(8.99*10^9*2*2.6*10^-12*0.59)/(50.41*10^-4)
=0.54*10
=5.4[N/m]



ではどんどん突っ込んで by although
[PR]
by m0511xx | 2008-01-09 00:40