有志による某国立高専某学科某クラスのページ。夏休み中の連絡とかにも使ってください。課題に迷ったらココ!
カテゴリ
全体
初めによくお読みください
おしらせ
英訳
代数幾何
解析
応用物理
熱力学
流れ
情報処理
設計
電子情報
そのほか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
UNICORN P148 日本語訳
どうも、出席番号で国際標準規格の次の者です。
一部から希望があったので、英語講読の長文課題の文の日本語訳を載っけときます。
あんまり必要性は感じられませんけど。

1時間くらいでパッと訳したヤツなので信憑性はいまいちですが、
皆様のご参考になれば幸いです。




 様々な国々から来た人々が、同じ言語を話せるとき、彼らは他者の感情や意見をよりよく理解することができる。何故、全ての国が、英語のような第二公用語を設けるべきではないのか?
 この答えは単純ではない。多くの人々が言語の国際化に危機感を感じている。たとえば、国際的な言語を母国語のように話す人々は、他の人々に対してアドバンテージを持つだろう。さらに、一つの国際的な言語は、現地の言葉や文化にあまりにも大きな影響をもたらすだろう。1つの言語は単なるコミュニケーションの道具と言うだけではなく、我々の文化・歴史、さらに国際的な同一性の大いなる一つなのだ。もし他の言語が公用語とされれば、人々は不可欠な文化の一部を失うことになるだろう。
 第二公用語が持つ悪影響に、我々は打ち勝つことができると考えている人々もいる。彼らは一つの言語が持つ悪い点よりは、それが持つ利点の方が多いと言っている。




「ココおかしいぞ」など、ご指摘がございましたらどうぞコメント欄の方へ書き込んでやってください。
みんな揃って進級しましょう。
[PR]
by m0511xx | 2008-02-27 22:12 | 英訳