有志による某国立高専某学科某クラスのページ。夏休み中の連絡とかにも使ってください。課題に迷ったらココ!
カテゴリ
全体
初めによくお読みください
おしらせ
英訳
代数幾何
解析
応用物理
熱力学
流れ
情報処理
設計
電子情報
そのほか
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
工作機械課題
工作機械の課題UPします。
偉大なる先人に感謝を!


・課題1
訳:よい潤滑はなめらかな動きを起こすが、通常では、乾いた滑りは不連続である。リードスライダが鋼上に使用される時、たとえば、静摩擦係数が限界に到達するまであまり運動が起きず、切線分力は着実に増え、スライダは突然動き出す。動いた後、十分ばねの力を解放するために再び短い移動距離を増す。この“スティック-スリップ”は異なる金属の組み合わせで多くの特性があり、落下摩擦速度に関係する。観測された振動の大きさは、装置の弾性の特性により決定される。

b0118804_14385382.jpg



・課題2
  異なる金属の固体面間の静摩擦係数が限界に達する時、スティック-スリップが起きる。
・課題3
  同じ組の金属ならばスティック-スリップは起きないが、大きな摩擦力が生じる。


完全コピペで提出することのないように。
ばれない程度のアレンジを加えてください。
[PR]
工作機械 課題 原文
Good lubrication produces smooth motion, but dry sliding is usually discontinuous. When a lead slider is used on steel, for example, the tangential force may be steadily increased without appreciable movement occurring, until a limit is reached at the static coefficient of friction, and the slider suddenly breaks away. After moving a short distance, sufficient to release the spring force, it will remain stationary with respect to the lower surface until the tangential force builds up again. This "stick-slip" motion is characteristic of a large number of pairs of different metals and is associated with a falling friction-velocity relationship. The magnitude of the observed vibration is governed by the elastic characteristics of the apparatus.

If the friction does not vary significantly with speed, the static and kinetic values may be approximately the same, and stick-slip motion will not be observed. Usually pairs of the same metal, for example copper on copper, do not show stick-slip , but a rather erratic high friction is found.

Stick-slip may occur under poor boundary lubrication conditions, for example when steel surface are lubricated with paraffins or alcohols. Good boundary lubricants such as fatty acids usually prevent such oscillation occurring, unless the mechanical conditions are such that partial hydrodynamic lubrication occurs during a 'slip', giving a lower coefficient of friction. In most practical operations it is very important to avoid vibration, so a flat , or slightly rising, friction-speed characteristic is advantageous.
[PR]